集中できない・なんだかイライラ・気が散るのは、スマホが原因かも

ひとり仕事のセルフコントロール
この記事は約5分で読めます。

一時期、
無性にイライラして、気が散ってしまい、
仕事に集中できない、という現象に陥ってしまいました。

どうやら、スマホが原因らしい、
ということが分かり、
なんとか回復しましたので、対処法をご紹介します。

もし、思い当たるところがある方がいましたら、
ぜひ一度、試してみていただければ。

スマホ依存症

・なんとなく手持ち無沙汰な感じがする
・やることはあるのになぜか退屈
・ひとつのことをずっと続けていられない
・集中できない
・じっとしていられない
・なんだかイライラ
・気が散る

こういったときに、

無意識に、スマホを手に取ってしまう。

あるいは、

無意識に、スマホを探してしまう。

そんなことをしてはいませんでしょうか?

そうですね、
状況としては、たとえばこんなとき。

・食事中
・湯船に浸かっているとき
・夜寝る前ふとんに入っているとき
・信号待ちしているとき

別にやることがないわけではないのです。

しかしなぜか、退屈で、
その状況に我慢している感じがあって、ストレス。

そして、気づくと、
スマホを探し、手に取っている。

・ニュース
・天気予報
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・You Tube
・Netflix
・ゲーム

話題には事欠きません。

なんとなく、満たされた感覚があって、
その場をしのげます。

というこれ、
スマホ依存症というらしいです。

ひとり仕事を気づかぬうちに蝕むスマホ

ひとりで仕事をしていくうえで、
スマホとの付き合いを考え直さなくてはいけません。

私がそう痛感させられたのは、
仕事に集中できなくなったことがきっかけです。

机に向かって、じっと仕事をするのがどうしても苦痛で、
気が散り、イライラし、集中ができなくなってしまったのです。

締め切りがあるものに関しては、
当然やるしかない、となってやります。

しかし、たとえば、
重要性は高いけど、緊急性は低いような仕事に対しては、
積極的に取り組むことができない状態になってしまいました。

よくよく自分自身を省みてみると、

・つねに手元にスマホを置いている
・スマホやiPadでネット動画を見ながら仕事する

ということをしていたのでした。

とくに良くなかったのが、ネット動画です。

はじめのうちは、
作業用BGMを聴きながら仕事をする、
くらいのものでした。

しかし、いつの間にやら、
音楽だけでは飽き足らず、
・You Tube
・Netflix
・Amazon Prime
・楽天TV(プロ野球中継)
などと拍車がかかり、
いつしか、仕事のお供として、
ネット動画があることが当たり前になっていたのでした。

こういった仕事のやり方に慣れていった結果、
スマホ(とりわけネット動画)に依存してしまい、
それが無ければやっていられなくなってしまったわけです。

「敵」はインプット系アプリが9割

仕事をしていくうえで、
スマホにどっぷり浸かること無く、
距離を取るためにどうしたらいいでしょうか?

対処法を考える上で、ネックになるのが、
「電源オフでは仕事にならない」ということ。

スマホと距離を取るには、
電源をオフにして、押入れにでも入れておけば、
そりゃあまぁ、さすがにあきらめはつくでしょう。

しかし、何かにつけ、
スマホがないと不便で仕事にならないものがあると思うのです。

それが人によっては、
電話であったり、
LINEであったり、
カレンダーであったり、いろいろではあると思います。

私にとっては、
なにか思いついたことを記録するメモとして、
Google Keepを使っており、
これがなくなるのは非常に不便です。

というわけで、
・電源はオフにしない
・いつでも使えるようにはする
という前提は置きます。

この上で、私が実践してみて効果があったのは、
エンタメ系・インプット系アプリを消すことです。

スマホはそれ自体が問題というわけではなく、
依存構造を生み出す元凶がありますので、
それを断つようにすればいいのです。

その元凶というのは、
エンタメ系とインプット系のアプリです。

エンタメ系というのは、
ゲームやネット動画のことですが、
これらは分かりやすいと思います。

一方で、インプット系アプリは、
悪者のイメージはあまりないかもしれません。

しかし、「新しい情報」というのは、
脳にとっては好物のようなのです。

ニュースを開いて、
新しい情報を見つけると、脳は「快」が得られたと感じます。

また、退屈で、イライラしているときにに、
ニュースを見ると、脳は「不快」が解消されたと感じます。

そして、Yahooニュースなんかそうですが、
ひっきりなしに更新され、
自分が関心のありそうなものがピックアップされ、
つねに情報をアップデートすることができます。

そうやって繰り返し繰り返し、
ニュースによって、
「不快」が取り除かれ、「快」が得られ、
という経験をしていくうちに、
脳がスマホに依存していってしまうのです。

ですので、インプット系アプリは、消すべきなのです。

・Chrome(ブラウザ)
・天気予報
・野球速報
・Gmail

こういったものは削除です。

必要なものは、PCで探します。
不便ですが、不便さがないと、依存から抜け出せません。

それに、どうしても必要になったら、
インストールすればすぐ使えます。

この対処法を試したところ、
ほぼほぼ、支障のないレベルまで回復することができました。

それでもとき々、クセで、
つい手に取ってしまうんですよね〜。

そういうときは、
「なにもないんだ!」と脳にいい聞かせます。

脳にメッセージを送り続けていると、
少しずつ、クセが弱まっていきます。

■メールでブログが読めます■

メールアドレスを登録すると、メールでブログを読むことができます。
※最新のブログ記事が、更新後すぐに配信されます。(よくある宣伝広告の類はありません。)
※いつでも登録は解除できます。

内向的フリーランスのビジネス戦略
タイトルとURLをコピーしました