自分にとっての「初級コース」「上級コース」を探ることが大事

内向的なひとりビジネスの守り方
この記事は約3分で読めます。

「初級コース」と「上級コース」。

いま自分が滑っているのはどちらでしょうか?
現在地を確認することが大事です。

「初級コース」と「上級コース」

高校のころ、
スノーボードをはじめたのですが、
ゲレンデデビューした日、
午前中に初心者レッスン受けて、
午後から、初級コースを滑りはじめました。

ところが、
転倒転倒、また転倒の連続で、
まったくうまくいかず。

すっかり心がへこんでしまい、
ものの数十分もしたころには、
邪魔にならないところにしゃがみこんで、
周りが気持ちよく滑っているのを眺めるだけ、
という時間を過ごしました。

親に3時間リフト乗り放題券を買ってもらっていたのに、
結局リフトに乗ったのは1回だけ、
非常に申し訳ないことをしました。

一方で、
友人に聞いてみると、
その友人はレッスンもそこそこに、
いきなり上級コースから滑りはじめ、
一気に急斜面を駆け下りていった、
とのことでした。

曰く、
上級コースの方がコツを見つけるのが早いんだ、
とのこと、
実際、その友人はものすごく上手でした。

運動神経の差、
といえばそれまでなんですが、
アプローチがあまりにも違って、
すごくビックリしたのを覚えています。

いま自分が滑っているのはどっちか?

とはいえ、
世の中、必ずしも、
「初級コース」「上級コース」なんて、
はっきりと決まっているものばかりではありません。

自分で探り、
試行錯誤していくものの方が多いでしょう。

また、
仮に「上級コース」があったとして、
それが自分にとって、
「初級コース」なのか、
「上級コース」なのかは、別問題です。

先ほどの例でも、
友人にとって「上級コース」は、
そんなに難しくないという認識だったわけで、
少なくとも本人の主観としては、
「上級コース」ではなかったはずです。

つまり、
いま取り組んでいるものが、
「初級コース」なのか?「上級コース」なのか?
を見極めることが大事で、
それができれば、
柔軟にアプローチがしていけるわけです。

たとえば、
私は、早起きが非常に苦手で、
今まで試行錯誤してきたものの、
まったく成果が上がっていませんでした。

それなのに、どこか甘く考えていて、
突然、明日は6時に起きる!と、
目覚ましをセットして、結局二度寝をしたり、
突然、早く寝るのが大事なんだ!と、
21時に布団に入っては、結局寝付けなかったりしていました。

それが、
・残業の多い職場環境から出て独立開業する
・アルコールをやめる
・カフェインをできるだけ取らないようにする
・夜でもカーテンを開けて朝日が部屋に入るようにする
・夜18時以降はなるべく仕事しない
・朝7時までに3回起きられなかったら罰ゲームというルールをつくる
というようなことを積み重ねて、
ようやく早起きができるようになりました。

いま考えると、
当初のアプローチは、非常に滑稽でした。

ですが、当時を振り返ってみると、
心のどこかで、
早起きなんて、すぐ改善できる、ごくカンタンなこと、
と思い込んでいました。

つまり、初心者のくせに、
「上級コース」を滑って派手にすっ転んでいたわけです。

結局、試行錯誤していくしかないのですが、
もし何かうまくいかないことがあるときは、
いま自分は、初心者なのに「上級コース」にいるんじゃないか?
自分のレベルに合っていないコースに迷い込んでいないか?
ということを、
確認する必要がありますね。

■メールでブログが読めます■

メールアドレスを登録すると、メールでブログを読むことができます。
※最新のブログ記事が、更新後すぐに配信されます。(よくある宣伝広告の類はありません。)
※いつでも登録は解除できます。

内向的でも独立開業!
タイトルとURLをコピーしました