起業はできなくても、独立開業だったら自分でもできる

内向型なのになぜ独立開業なのか
この記事は約2分で読めます。

起業と、独立開業。

内向的な私たちにとって、
目指すべきは、起業でなく、独立開業であり、
独立開業であれば、
十分にチャンスがあります。

起業と独立開業

起業と独立開業。

似た言葉ですが、違った意味のものです。

どちらも、
「事業を立ち上げる」という意味があります。

しかし、起業は、
ベンチャー的なニュアンスが濃くあります。

・新しいアイデアや技術
・新しい業種業態、
・今までにないビジネスモデル

といった感じです。

これに対して独立開業は、
会社員としてやってきたことをそのままスライドして、
自分で事業をやる、という形です。

つまり、既存の業種、業態であり、
ビジネスモデルとしても、既にあるものです。

起業はかっこよくて憧れるけど…

かっこいいのは、やはり起業です。

・誰もやったことのないことを成し遂げる
・新しいニーズを掘り起こす
・世の中を変える
・単純に儲かる
・達成感やりがいがある

実際、大学生のころ、
「社会起業家になりたいな」
などとぼんやり思っていた時期がありました。

しかし結局、あきらめました。

できっこないからです。

そんなアイデアや技術、思い浮かびそうな気がしません。

行動力があるか?といわれると、
悩んでばっかりで、それもありません。

それに、自分一人ですべてができるわけではなく、
むしろ、人を巻き込んでいかなくてはいけないでしょうが、
そんなの、私にとっては、崖から飛び降りるのと同義です。

結局、起業するというのは、
少なくとも私にとっては

・オリンピックに出場する
・総理大臣になる
・年収1億円

みたいなものと変わりません。

独立開業は案外、身近にある

そこからすると、
独立開業は、ずっとハードルが低いものです。

知識やノウハウ、技術は、
修行をしながら培っていくことができます。

ニーズは、業種にもよりますが、
すでに市場ができあがっている以上、
ゼロから掘り起こすなんてことは必要なく、
すでに求めている人がいます。

また、多くの人を巻き込むものでなくとも、
自分一人からはじめられるものが多いでしょう。

もちろん、
自分でビジネスを立ち上げることは、
人生をかけた挑戦です。

ですが、必要以上に大きいものと考えすぎて、
「自分には無理だ」と可能性にフタをするのはもったいないことです。

もし興味があれば、
ぜひ一度、「自分が独立したら…」と、
青写真を浮かべてみませんか?

■メールでブログが読めます■

メールアドレスを登録すると、メールでブログを読むことができます。
※最新のブログ記事が、更新後すぐに配信されます。(よくある宣伝広告の類はありません。)
※いつでも登録は解除できます。

内向的フリーランスのビジネス戦略
タイトルとURLをコピーしました