10分でできる!オンラインショップを手軽に作る方法

オンライン活用
この記事は約5分で読めます。

「BASE」というサービスを使えば、
オンラインショップを
無料でカンタンに作ることができます。

まずは試しにやってみたい、という方におすすめです。

オンラインショップがサクッと作れる

・うまくいくか分からないが、ネットで売ってみたい
・Instagramで集客して、ネットで売ってみたい
・ネットで売ってみたいが、決済方法の設定が分からない

といった悩みをお持ちの方は、
一定以上いらっしゃるのかと思います。

そんな方々に、まずはオススメしたいのが、
「BASE」というサービスです。

誇張ではなく、
無料でサクッとカンタンに
オンラインショップを作ることができます。

驚くほど容易に、
自分のURL(http://~)を持つことができるのです。

実際にやってみましたが、10分でできました。

多少ゆとりを見ても、
20分もあれば、
最低限のところまでできるのではないでしょうか。

売れたときしか、コストがかからない

たとえば、
こういったショップを作ることができます。

pronhands63 powered by BASE
Pronhandsとはガーデニングをはじめとした作業向けのハンドメイドエプロンからなる造語です。20年以上製作、改良を重ねてきたファブリック雑貨。デザイン性ある生地をセレクトし、日々の生活に彩りを加えます。

某知り合いのハンドメイドのお店で、
シンプルできれいなサイトデザインですが、
無料で作ることができています。

気になるのが料金ですが、
・登録時の初期費用
・月額の利用料
はかかりません。

つまり、売れなかったらコストはかかりません。

料金がかかるのは、
①商品が売れたとき
②売上を入金させるとき
です。

まず、①商品が売れたときですが、
売上代金×6.6%+40円がかかります。

その後、
②売上代金を自分の銀行口座に入金させるときに、
250円の手数料がかかります(2万円以上の場合)。

クレジットカードの加盟店手数料(3%代がほとんど)と比べると、
割高ではあります。

しかし、

・気軽にオンラインショップが作れる
・売れなかったときのリスクが少ない(初期投資が不要)

ということを考えると、
決して高くはない料金設定ではあります。

本格的にオンラインショップを運営するのであれば、
別の選択肢も検討すべきですが、
まずは試しにオンラインショップを作ってみたい、
ということであれば、
利用する価値は十分あります。

具体的な作成方法

アカウント作成

まず、BASEのトップページより、
アカウントを作ります。

最も大事なのが、ショップURL。

ここは途中で変更できないので、
妥協せずに考えてから登録しましょう。

すでに使われているものは、このようにエラーが出ます。

末尾はいくつか選ぶことができるので、
どういったものが登録できるのか、
試しに入れてみましょう。

登録したら、
メールアドレスの認証を行います。

仮登録完了のメールが届いているので、
所定のURLより、メールを認証して、本登録します。

運営情報に関する情報の設定

さて、ここからオンラインショップの基本情報を入力していきます。

BASEでは、

・ショップ情報
・運営に関する情報
・決済方法の設定

の3つに分けて入力することになっています。

この3つのコーナーを埋めていけば、
最低限ショップは作れます。

ひとつひとつはそこまで時間はかかりませんし、
あとから修正することもできます。

固く考えずに、まずはざっと見ていきましょう。

ということで、
最初に、運営に関する情報の設定を埋めていきます。

↑ここまでは事業者の定型情報ですので、
悩まないでしょう。

 

↑販売条件についても、すべて必須項目となっていますが、
デフォルトで文字が入っています。
まずはそのままでいいでしょう。

ただ、営業時間・定休日については、自分で入れましょう。

ちなみに、オンラインショップなので、
24時間買うことはできるのですが、
だからといって、
「営業時間は24時間」というわけではないので、
注意しましょう。

・商品の発送
・問い合わせへの返信
といった場合への対応時間を指します。

もし決まっていなくても、
「営業時間:10~16時 定休日:土日祝日」
など、
だいたいのものを書いておきましょう。

決済方法の設定

つづいて、決済方法の設定です。

↑決済方法は、たくさんありますが、手数料は一律です。

特にこだわりがなければ、デフォルトのままでいいでしょう。

なお、「後払い決済」は、
売上代金をBASE側が立て替えて、
ショップの運営者にお金を払ってくれるものです。

したがって、購入者が支払うまで入金がされない、
というわけではありませんので、ご安心を。

↑残りは、運営者の個人情報を埋めていけばOKです。

ショップ情報

最後に、ショップ情報を入れます。

いろいろあって、ちょっとめんどくさそうですが、
他は無視して、最低限、ここだけ✓を入れます。

これでなんと、完成です!!

ここまでで、試しにショップURLにアクセスしてみると…

このような感じで、
超シンプルなオンラインショップができています。

まずは、ここまでを目指しましょう。

15分もあれば、ゆとりをもってできます。
土台ができたら、あとは肉付けしていくだけです。

商品の登録

ショップができても、
商品がなければ、売れませんので、
商品の登録をしてみましょう。

先ほどの登録ページの上部を見ると、
なにやらアイコンが並んでいて、
その中に、「商品管理」があります。

ここで登録をします。

商品内容が決まっていれば、それほど悩むものは無いでしょう。

登録できると、管理画面に並びます。

 

ショップページをのぞいてみると…

商品がさっそく表示されていました!

購入はどういうふうにされるんだろう?
とご不安でしたら、
試しに一度、自分で購入してみるといいです。

※その際は、商品の価格を最低金額(50円)に下げておきましょう。
BASEに手数料をもっていかれるので。

カスタマイズを楽しむ

ここまでで、最低限売れる状況はつくれました。

ここから先は、

・ショップページのデザインを作り込む
・SNS連携(Instagram、Twitter、Facebookなど)
・送料の設定

など、ご自身の好みや販売するものなどによって、
カスタマイズをしていきます。

管理ページに、
「商品管理」「デザイン」「販促管理」といったアイコンが並んでいますし、
ショップページの育て方について、
案内がいろいろとあります。

すでに、BASEを使って作られたショップページがあるので、
それらも参考になります。

ゴールは無いので、試行錯誤していくことになりますが、
どういうデザインにするか、
どういうふうにしたら売れるか、
と考えていくのは楽しいものです。

そういった体験も含めて、
興味があれば、ぜひトライしてみてください。

■メールでブログが読めます■

メールアドレスを登録すると、メールでブログを読むことができます。
※最新のブログ記事が、更新後すぐに配信されます。(よくある宣伝広告の類はありません。)
※いつでも登録は解除できます。

内向的でも独立開業!
タイトルとURLをコピーしました