経理に使える!デビットカードをオススメする理由と注意点

個人ビジネスの経理をシンプルに
この記事は約4分で読めます。

デビットカードが大好きです。

事業費としても、生活費としても、
メインで利用しており、
たいへん重宝しています。

このフィンテック時代、
日々経理をやっていく上で、
中軸に据えたい決済手段だと考えており、
非常にオススメです。

デビットカードとは何か?

デビットカードとは何でしょうか、
一言でいうと、
即時決済されるクレジットカードのことです。

16桁の番号が付与されたカードがあり、
クレジットカードと同じように使えます。

ネットでも、リアル店舗でも使えます。

Visa,JCB,Mastercardなど各種ブランド揃っていて、
利用制限もほとんどありません。
(たまにネットだと、デビットカードは不可のものもありますが)

クレジットカードとの違いは、
決済するタイミングです。

即時決済なので、
利用されたその都度、瞬時に決済がなされます。

銀行口座とひも付いていて、
決済と同時に、口座残高が減る仕組みです。

預金口座に入金すれば、残高がチャージされます。

ただ、チャージといっても、ポイントではなく、
れっきとしたお金です。

預金口座なので、
現金として引き出せますし、
振込もできますし、
売上の入金口座として利用することも可能です。

経理に使える!デビットカード

このデビットカード。

経理に使えるので、非常にオススメしています。

事業費も生活費も、ほぼデビットカードで決済しています。

何がよいかというと、すぐに経理ができるのです。

帳簿づけを効率化するうえで、
インターネットバンキングやカード決済情報を、
会計ソフトや家計簿アプリに自動で取り込むのは、
もはや必須と考えていますが、
問題は、情報が吸い上げられるタイミング。

クレジットカードですと、
決済情報が上がってくるのが、遅いのです。

早くても2~3日、
遅くなると、2週間程度遅れて上がってくるので、
もはや「これなんだっけ?」となり、
すぐに思い出せずにイライラするのです。

クレジットカードは、
振込などと違い、
カードひとつですぐに利用できて、
利用情報が吸い上がってくるので、
非常に便利なのですが、
この1点だけが大きな不満でした。

経理をちゃんと続けていくためには、
こういった苦痛は、できるかぎり排除していきたいところ。

この点、デビットカードであれば、
利用と同時に決済がされるので、
決済情報も、すぐに上がってきます。

記憶が新鮮なその日のうちから、
帳簿づけをすることができるのです。

使いすぎのケアがラク

デビットカードの利点はそれだけではありません。

お金の管理がシンプルになり、
使いすぎのケアがラク、ということもあります。

クレジットカードと異なり、
使った分はすぐに、お金の残高を減らしてくれます。

なので、

今あるお金=使えるお金

と考えることができます。

なんだかんだで、お金の管理はシンプルがいいと思います。

クレジットカードの、
「決済が先送りされる」という特徴は、
理論的には、
デメリットではなく、メリットではあります。

しかし、やはり、
支払いがあとで待っている、というのは、
心理的にはあまり良いものではないですね。

借金と同じようなものですので。

気をつけたい3つの注意点

とはいえ、気をつけたいこともあります。

まず、定期請求には使うべきではありません。

なぜかというと、
突然決済がされて、心臓に悪いからです。

デビットカードで怖いのは、不正利用です。

即時決済がされるので、
利用を止める間もなく、お金が出ていってしまいます。
(保障はちゃんとありますが)

そのため、対策として、
決済されたときに、通知メールを来るようにしておき、
払ってもいないのに通知が来たときに、
すぐに対応できるようにしています。

この点、定期請求にデビットカードを設定すると、
あらぬタイミングで、
決済通知メールが届くのです。

すると、こちらとしては、
利用した自覚はないので、
不正利用されたんじゃないかと、ドキッとしてしまうのです。

ですので、定期請求は、
通常のクレジットカードに任せるのが吉です。

また、注意点の2つ目は、
キャンセルはできるだけないようにしたいところです。

即時決済のため、
いったんお金が引き落とされたあと、
後日、お金が戻ってくることになります。

それはいいのですが、
お金が戻ってくるタイミングが遅いことが多く、
1~2ヶ月待たされることがあります。

そうすると、
これ何のお金だっけ?
となり、
経理がめんどくさくなるのです。

それから、商品販売をされている場合、
商品の仕入れなどにはデビットカードを使うべきではありません。

資金繰りを圧迫するからです。

こういった決済には、
クレジットカードを使うか、
掛取引にしてもらい、
支払いのタイミングをできるだけ遅くする工夫が必要です。

とくに金額が大きくなる場合、
デビットカードはやめておいた方がいいでしょう。

■メールでブログが読めます■

メールアドレスを登録すると、メールでブログを読むことができます。
※最新のブログ記事が、更新後すぐに配信されます。(よくある宣伝広告の類はありません。)
※いつでも登録は解除できます。

内向的フリーランスのビジネス戦略
タイトルとURLをコピーしました