予算は自分へのおこづかい。許しを与えて罪悪感をなくす

内向的なひとりビジネスの守り方
この記事は約2分で読めます。

収支計画を立てるときに、
経費に予算を設定しています。

感覚としては自分へのおこづかいです。

その範囲なら使っていいよ、
と自分に許しを与えることで、
仕事で必要な経費を使うときに、
余計な罪悪感を感じずに済みます。

使わなすぎへの抑止力としての予算

将来使う経費について、
予算を設定し、
毎月使った金額との比較を毎月行っています。

どこぞの大企業でもあるまいし、
一人で仕事をしているのに予算なんて?
と思われそうですが、
その効用は確実にあります。

・将来の出費が見通せるようになる
・使いすぎへのブレーキになる

というのはもちろんですが
意外なところで

・使わなすぎへの抑止力になる

という効果もあります
今日はこのことを掘り下げたいです。

経費は使わなければいい、というものではない

プライベートのお金であれば、
出費はなるべく少ない方がいいでしょう。

特に会社員の方であれば、
月々の給料はある程度固定されていますので、
手残りを増やすには、
出費をどれだけ抑えるか?という発想でシンプルです。

しかし個人で事業をやっている場合、
単純にそうともいえません。

売上には波があります、
いいときもあれば、悪いときもあります。

そして、
売上という果実を得るためには、
投資という種まきをしていかなければなりません。

もちろん、
なんでもかんでもお金を使っていいというわけではありません。

ですが、
使うときには使っていかなければ、
状況は変わっていきません。

ですので、一人で仕事をはじめたら、
お金を使うことにことごとく罪悪感を感じて、
ブレーキをかけてしまう、
という状況を変えていく必要があるわけです。

予算は自分へのおこづかい

そこで、予算を組むことをオススメします。

予算はいわば、自分へのおこづかいです。

この金額までだったら使ってもいいよ、
という自分への許しです。

これによって、
お金を使うことへの罪悪感は相当程度、薄まります。

なぜなら、
予算を組む時点で、
「これだけのお金を使う」
と既に決断しているからです。

そうすると、
お金の使いすぎの方が心配になるかもしれませんが、
予算という基準があるので、
その比較をすることで、
使いすぎのチェック機能も果たします。

なお、その前提として、
・現実的な予算を組む
・実際使った金額との比較をする
というのは必要になります。

特に予算組みについては、
ざっくりでいいので、
・資金繰りがちゃんと回る
・実績値に近い金額を設定する
といったところは押さえておきましょう。

■メールでブログが読めます■

メールアドレスを登録すると、メールでブログを読むことができます。
※最新のブログ記事が、更新後すぐに配信されます。(よくある宣伝広告の類はありません。)
※いつでも登録は解除できます。

内向的でも独立開業!
タイトルとURLをコピーしました